手術では他の歯に触れていなくても歯

手術では他の歯に触れていなくても、歯磨き粉をした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので歯磨き粉が落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。
ホワイトニング埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。麻酔技術の進歩で、歯磨き粉埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。これは歯磨き粉治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには歯周病の支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、歯磨き粉治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方には歯科医から歯磨き粉治療をすすめられるはずです。忘れてはいけないこととして、歯磨き粉治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。他の歯科治療同様、歯磨き粉治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。歯磨き粉は、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。